<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=344315466179094&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Creationline

2022/10/14(Fri)13:00〜17:00

Actionable Insights Day 2022 

 

明日から取り組める課題解決のヒントを見つけよう

参加者全員で気づきを得られる1日に

 

クリエーションラインは、オープンソースおよびアジャイルを用いた開発をお客様と共に行っており、多くの実績を持つ企業です。

社会課題に挑戦する多様な業界のリーディングカンパニーと混成チームを組み、社会の進化を実現できるようソフトウェア開発を実践しています。

本イベントでは、お客様と実践してきた事例や技術トレンドに関するセッションをご用意し、すぐに取り組んでみたくなるような明日への気づきを得られる機会をご提供します。

 

 開催日時 :2022年10月14日 (金) 13:00-17:00

 参加費:無料

 会場 :オンライン

    :富山サテライト会場はこちら

 (セッション終了後、オンライン懇親会の開催を予定しております。)

 

 お申し込みはこちら 

1006536

招待講演

ビジネスを進化させるActionable Insights
「攻めと守りのDX」で実現した変革とは?

 
人口減少やデジタルビジネスの台頭により損害保険は既存のビジネスモデルのままでは減少をしていくと考えられているため、デジタルによるトランフォーメーション(DX)が必須であると考えています。
損保ジャパンでは、今までのビジネスをデジタルによって効率化する「守りのDX」とデジタルによる新しいビジネスモデルを拡大する「攻めのDX」を両輪で進めていっています。
このセッションでは、社内のアジャイル開発部隊でデジタル施策のPoCからデリバリーまでどのように解決していくか、組織と戦略の両面からお話しいたします。

Time Table

2022/10/14(金)13:00〜17:00(19:00)

開始時刻

終了時刻

タイトル

登壇者

13:00

13:10

[オープニング]

クリエーションライン株式会社

代表取締役

安田 忠弘

13:10

13:50

ビジネスを進化させるActionable Insights
「攻めと守りのDX」で実現した変革とは?

損害保険ジャパン株式会社

執行役員CDO DX推進部長

村上 明子 氏

------
株式会社デンソー 執行幹部

兼 クリエーションライン株式会社 取締役

成迫剛志

写真をクリックして詳細を見る  

14:00

14:30

はじめて語られるヨドバシ.com を支えるプライベートクラウドの全容

株式会社ヨドバシリテイルデザイン

サービスデプロイメント事業部 事業部長

戸田 宏司 氏

写真をクリックして詳細を見る 

14:40

15:10

アジアにおける最新ソフトウェア技術を活用した

未来の工場の姿とは

デンソー・インターナショナル・アジア

矢ヶ部 弾 氏

写真をクリックして詳細を見る  

15:20

15:50

Kubernetes and Cloud Native Updates 2022 summary

株式会社サイバーエージェント

CIU ソフトウェアエンジニア/KaaSプロダクトオーナー

兼 クリエーションライン Kubernetes技術アドバイザー

青山 真也 氏

写真をクリックして詳細を見る  

16:00

16:30

製造業でのソフトウェア開発におけるエンドユーザーを

交えたスプリントレビューの導入と試行錯誤

東京エレクトロン株式会社

SDCAI開発部 仲代 匡宏 氏 村上 優太 氏

写真をクリックして詳細を見る  

16:40

17:00

[クロージングキーノート]

スケールするアプリを作るには? マイクロサービス・イベントドリブンで作るべし!

クリエーションライン株式会社 

取締役 兼 CTO

荒井 康宏

写真をクリックして詳細を見る  

17:10

19:00

懇親会(@バーチャル空間「oVice」)

[調整中]

・アジャイルコーチ無料相談会

・共創事例:ソフトウェア開発の内製化

・新サービスご紹介 など

 

 ※富山サテライト会場のタイムテーブルはこちらから

Speakers

 

Find Actionable Insights!

お申し込みフォーム

※競合他社に該当する方は当イベントへのご参加をお断りする場合がございます。予めご了承ください。

 

Media Sponsor

BizZine-(背景白)
CodeZine-(1)
EnterpriseZine-(1)